BXI Builingual System started translating.
Language
生活習慣病予防

生活習慣病って?

生活習慣病とは、「食習慣・運動習慣・休養・喫煙・飲酒等の生活習慣が、その発症や進行に関与する疾患」とされています。

その多くは自覚症状のないまま進行していくため、定期的な検診と予防が必要となってきます。

また生活習慣は小児期に身につくことが多く、生活習慣病を予防するためには子供の頃から食生活や運動に注意することが大切です。

代表的な生活習慣病

代表的なものとしては、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症など)、高尿酸血症・痛風、動脈硬化などが含まれます。

どれも自覚症状がほとんどなく、ほっておくと虚血性心疾患,脳血管障害などさまざまな合併症の危険性が高くなるということが特徴です。
  • 歯周病
  • 糖尿病
  • アルツハイマー病

歯科の視点からの生活習慣病予防

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

生活習慣病予防ブログ